グルメ

【たこ焼きNo.1探し】京橋駅周辺で旨いたこ焼き屋を探して食べ歩いてみた

たこ焼き屋激戦区といえば難波(ミナミ)辺りかと思いますが今回は京橋駅周辺を巡ってきました。

行ってきたお店は3軒でそのうちの1つは40年ほどの歴史があるかなり古いたこ焼き屋さんもありました。

途中でコロッケつまんだりしたので結構お腹が膨れましたよ。

そのまま食べるのが旨いアスカ

京阪モールのアスカ

まずは京阪モールの地下にお店があるアスカです。見ての通りデパ地下にあるお店のような感じです。

イートインスペースもありますのでそのまま横で食べることも出来ます。

 

アスカのたこ焼き

買ったたこ焼きはこちら。ネットの評判では生地は醤油ベースの出汁が効いてるのでソースをかけずにそのまま食べるのが美味しいということだったので、そのままにしてもらいました。

柔らかいけど爪楊枝で持ち上げることができるので食べやすかったです。味は確かに生地にしっかり味がついていてあっさり目ですが美味しいです。一緒に添えてあるガリが寿司っぽくて高級感があっていいですね。

この時はイートインでは食べずに外に出て駅前の広場に座って食べました。ゴミ箱もあるので外で食べても大丈夫ですよ。

トロトロたこ焼きのくれおーる京橋本店

くれおーる京橋本店

続いては駅から少し商店街を歩いた場所にあるくれおーる京橋本店です。この隣にもくれおーるがあったんですけど、そっちは何店だったのかは見てないのでわからないです。

 

くれおーる京橋本店のたこ焼き

これがくれおーるのたこ焼きで醤油とマヨネーズのトッピングです。買った場所付近では食べれそうなスペースが無かったのでまた駅前広場まで戻って先ほどと同じ場所でたこ焼きを食べます。

アスカに比べるとかなり柔らかくトロトロで持ちあげられないほど柔らかでした。味は正直微妙な感じです。

あまり出汁が効いてる感じがしなかったのでソースべったりで食べたほうがいいかもしれません。

古き良きたこ焼き屋の富味屋

富味屋の外観

今回のラストはこちらの富味屋というお店でこの辺りで一番古いたこ焼き屋として名を残しているお店で、ここが出来た当時はまだ殆どたこ焼き屋がなかったそうです。

 

富味屋のたこ焼き

ここは昔ながらのお店なので味やらトッピングを選ぶ要素がなく注文したらこれが出てきました。私が行った時は8個入りで200円という今の時代で考えるとかなり安い値段でした。

味はすごく懐かしい感じの子供の頃駄菓子屋などで食べたような感じがします。なんかお菓子っぽい感じですね。

後このお店はおばちゃんがすごくフレンドリーに話しかけてきますのでそれも楽しんでみてください。

番外編:レストランかめやのコロッケ

レストランかめやお持ち帰りメニュー

最後におまけでくれおーるから富味屋へ行くまでの途中にあったお店をご紹介。レストランかめやというお店でもちろん店内で食事出来ますが、店頭でコロッケやお弁当などを購入することが出来ます。

 

レストランかめやのコロッケ

今回はまだたこ焼きを食べるミッションが残っていましたので普通のコロッケを食べてみました。

洋食屋のコロッケって感じで甘みなどは控えめになっていてソースをかけて食べると美味しそうな味でした。

手に持って歩きながら食べるならもうちょっと甘いほうが好みですね。

今回のベストたこ焼き店は?

京橋駅周辺のたこ焼き屋を3軒回ってみましたが、今回のお店の中で私の一位は最初のアスカです。

そもそも柔らかいたこ焼きが好みなのとあまりソースベタベタで食べるのが好きじゃないので今回はこちらが一番好みにあっていました。それになんといってもしょうががあったのがポイント高かったです。

・【たこ焼きNo.1探し】天神橋筋商店街編はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)