堺市

場所の名前が絶対読めないニサンザイ古墳で綺麗なトンボと出会った

堺の百舌鳥古墳郡制覇に向けて古墳巡りをしていますが、今回はニサンザイ古墳です。ちなみに漢字で表記すると御陵山でニサンザイなのでまず間違いなく読めません。

地図だけ見ていたので現地につくまで私はゴリョウザンだと思ってました。

日本で8番目の大きさの前方後円墳

ニサンザイ古墳の濠3 ニサンザイ古墳の説明文

私は別に古墳マニアってわけではないので古墳に関する詳しいことは全然知らないんですが、公園部分にどの程度の大きさなのか目安がわかるように看板などが設置してあります。

 

ニサンザイ古墳3 ニサンザイ古墳4 ニサンザイ古墳の看板1 ニサンザイ古墳2 ニサンザイ古墳の公園 ニサンザイ古墳のうま

その近くのエリアはちょっとした遊具があって公園になっています。馬の埴輪を模した遊具もありました。

濠がかなり広い

ニサンザイ古墳の濠 ニサンザイ古墳の濠3

ちなみに今はこの濠も1周しか存在しないんですけど、本来は2重で濠があったらしいですよ。

あと百舌鳥古墳群の中で古墳の形が一番綺麗だそうですけど、流石に普通に回りから見ただけじゃそれはよくわからないですね。上空からの空撮写真とかを見たらその綺麗さがわかるんだと思います。

綺麗なトンボがとまっていました

ニサンザイ古墳で見つけたトンボ

古墳とは全く関係ないんですけどここで撮った写真の中でお気に入りのトンボの写真です。

 

ニサンザイ古墳の埴輪

それと公園の手すり部分が埴輪の形をしていました。ここは結構古墳推しが強い場所なんだなと思いました。

あ、あと大きさと時期の問題で実はここが反正天皇陵じゃ無いかという説もあるそうです。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)